おすすめする干し椎茸の水戻し方法

①干し椎茸を日光浴させてあげましょう。(時間の無い時はそのまま水戻しへ)

※使用する前日に、干し椎茸の裏面を上にして日当たり良い場所で10~20分程日光浴をさせてあげる事により、『ビタミンD2』が通常の5~10倍程度に増えます。

 

②干し椎茸を水に30分~1時間ほど浸けて、椎茸を取り出し軽く水洗いします。

※この時の戻し汁は灰汁や雑味が出ているので捨てて、石突きが在る場合は切り落としてください。

 

③軽く戻した椎茸を容器に入れ、椎茸の容量の4~5倍程度のたっぷりの水を注ぎラップ等で覆い冷蔵庫にいれて、一晩寝かせて水戻しを行います。

 

④椎茸と戻し汁を取り分けて、椎茸をお鍋にいれ水はヒタヒタにし強火で加熱後、気泡が出始めたら弱火で灰汁を取り、コトコト軸の根元が柔らかくなるまで20~30分程煮込んでください。

※戻し汁は椎茸の風味や灰汁が多く含まれるので、使用する際は、一度沸騰させて灰汁を取り除き、濾してから使うと最高の出汁となります。椎茸の風味を簡単に出したい時は、戻し汁の上澄だけを少量料理に使用すると灰汁も少なく椎茸本来の風味をお楽しみ頂けます。

 

⑤お好みの具材や調味料と一緒に調理してご使用ください。

 

★おいそぎの場合は・・・・

①30分~1時間水戻し後、軽く水洗いを行い調理するサイズにカットする

②カットした椎茸を容器いれ、水に浸し冷蔵庫で1時間程度水戻しを行なう

※通常よりも早くもどりますが、出来るだけ芯が残らないように戻してください。

 

★更においそぎな場合は・・・・・・

①椎茸表面を軽く洗い、水に浸し砂糖をひとつまみ入れ、電子レンジで80℃に温め10~30分程湯戻しをする。

※水戻りが悪い状態で、加熱を行なうと椎茸に芯が残り易くなりますのでご注意ください。

 

★もっと早く美味しく戻したいというあなたには・・・・・

☆減圧容器を使用した新しい水戻し方法をご紹介。

 詳しくはこちら→『干し椎茸の早戻し!』

 

☆おいしくするポイントは・・・

干し椎茸の旨味成分を一番引き出すには、冷水(5℃近辺)でしっかりと水戻しを行い、60℃~80℃で調理する事により、椎茸の旨み成分である『グアニル酸』が増え格段に味に差が出てきます。

 

もっと詳しく知りたい乾椎茸の旨み成分が生成される仕組み

お問い合わせ

※↓バナーをクリック

王将椎茸バナー

TEL: 0974-32-4141

FAX: 0974-32-2655

営業時間 10:00~16:00

( 土・日・祝日を除く)

 shii-takeo@ousyou-shiitake.jp

株式会社トーカン バナー
食生活の創造カンパニー
ウィルモール バナー
大分乾しいたけトレーサビリティ参加事業者マーク
王将椎茸は『大分乾しいたけトレーサビリティ参加業者』です。
王将椎茸は『宮崎しいたけトレーサビリティ運営協議会』の参加業者です。
王将椎茸は『宮崎しいたけトレーサビリティ運営協議会』の参加業者です。
日本産・原木乾しいたけシール』

王将椎茸は『日本産・原木乾しいたけシンボルマーク』に賛同いたします。

宅急便コレクト 代金引換
クロネコ代金後払いサービス