◆乾椎茸レシピ 洋 食

椎茸としらすのアヒージョ

「ビタミンD」「レンチナン」を含む乾椎茸に、「カルシウム」「ビタミンD」を含むしらす干し

疲労回復や滋養強壮に効果のある「アリシン」を含むニンニクとニンニクの芽を使用し、「カプサイシン」を含む輪切唐辛子をアクセントとして入れてオリーブオイルで炒める事で脂溶性の「ビタミンD」効率良く、美味しくお手軽に摂取できるオススメメニューです。

 

※乾椎茸は調理する前に裏面を上にして天日干しを30分以上する事で「ビタミンD2」が大幅に増える!!

乾椎茸に含まれる「ビタミンD」は日本食品成分表2015では、100g当たり12.7㎍ですが、天日干しを30分以上する事で100μg以上に増えます

2020年に改定される「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では骨折予防等に寄与している「ビタミンD」は18歳以上の一日の必要目安量が5.5μgから8.5μgに引き上げらましたが、乾椎茸を天日干しをすると100g辺り「ビタミンD」が100㎍以上になりますので、8.5g以上(乾椎茸3~4枚分)を食べる事で一日の必要量が摂取できる事となります。

→ 乾椎茸の天日干しの効果について