◆国産椎茸粉砕加工品


粉砕品 説明

粉砕品とは、乾椎茸原料を粒状に細かく砕いたものをいいます。粉末~数ミリ程度の大きさの粒に砕き、フルイ目のサイズにより規格分けを行います。粒の大きさにより、細かい粉状ものは出汁の抽出用に適しています。中粒の大きさの物は、加工ダイス品に比べ、水に戻した際に粒の大きさが均一になり易い為、喉に詰まり難くベビーフード等に栄養価の高い椎茸を安心してご使用いただけます。椎茸の食感や存在感を出したい時は、大きい粒の物をハンバークやマーボー豆腐の挽肉と混ぜてご使用して頂くと椎茸のグアルニ酸の旨みとヘルシーさが加わり、おいしく体にやさしい食材となります。

 

ちなみに、乾椎茸の足部は通常は固いため捨てられる事が多くありますが、栄養価は傘部とほぼ同じで、傘部に比べ椎茸の特有の香り成分『レンチニオン』が少なく、うまみ成分である『グアニル酸』は、100g当たり約40mg程含まれているので、出汁の抽出をした際に調理品の風味の邪魔にならずに旨み成分のみを活用する事ができます。


◆商品の種類


◆粉砕サイズ見本


◆椎茸の部位について

 ☆ポイント:椎茸は主な可食部であり柔らかく風味の強い傘部と、固く風味が弱いが安価な足部に分かれます。

       足部の先端は石突きと呼ばれる樹皮と融合した固く食べれない部位があります。


◆粉砕加工に使用する原料の種類ついて


◆国産乾椎茸のだし抽出比較資料

 ポイント:粉砕加工品は乾椎茸ホール品やスライス品に比べ、短時間で多くの出汁をする事が可能となります。